ブログ 事例

事例:Vicinity(オーストラリアの商業誌施)

5月 22, 2020

お客様

Vicinity Centersはオーストラリア有数の小売REITグループの1つであり、2番目に大きいオーストラリアの小売不動産のマネージャー。

Mappedinポートフォリオに6つの会場があり、メルボルンに本社を置くVicinityは、豪華で市場をリードする体験に焦点を当てています。

それはまた持続可能性を強調します。

旗艦店のチャドストーンはファッションとして知られています。

資本; 近隣地域は、オーストラリア全体で経験と選択の両方の基準を設定しました。

 

機会

Vicinityは将来の取り組みに目を向けたため、Mappedin 助けることができます。

彼らの「市場をリードする目的地」指令の継続だけでなく、彼らのポートフォリオの拡大と投資、そして混合使用の機会を実現するプロパティ。

 

技術に精通した大規模な顧客と協力する機会があり、デジタル体験の重要性と彼らのためのメインテーマとして心に革新を念頭に置いていました。

絶え間ない成長のために、ぴったりフィットしました。 Mappedinは、Vicinityにソリューションを提供しました。

組織全体に広がる可能性のある真実の中心的な情報源であり、どちらもスケーラブルでした、そして使いやすい。

 

ソリューション

私たちの最初のオーストラリアの顧客として、国際的なユニークな課題を理解する最適化されたリリースを確実にするために、クライアントを特定して対処することが重要でした。

支援するために地図の全体的なデジタル化とウェブサイトの更新により、4つの会場がパイロットプロジェクトとして導入され、Mappedin Webおよびデジタルディレクトリを含めるように拡張。

レスポンシブWebアプリ:

マップの全体的なデジタル化を支援し、統一されたブランド体験、ポートフォリオ全体のさまざまな会場の地図がアップロードされました。

CMSに組み込まれ、効率が最適化されます。

これはまた、フィジカルからデジタルへの合理化されたエクスペリエンスと、顧客がナビゲートできるようにする会場のオンサイトでのモバイルデバイスでのWebエクスペリエンス。

サイネージ(デジタルディレクトリ):

新しいディレクトリは、Vicinityで最も人気のあるいくつかの場所に配置されました。

CMSを使用して作成されたデジタルマップを展示する会場。これにより、お客様は会場をナビゲートし、消費者が探していたものについてのデータを提供する、どのくらいの頻度で目的地に到着したか、またどの店舗に関するデータも提供した消費者は、各会場で見たい、または見たいと思っていました。

サイネージ(ディレクトリ)体験情報顧客を強調する、クリーンでシンプルなUXアプローチに焦点を当てます。

最小限の形式で要求します。

新機能:

クライアントは、いくつかの新しく開発された機能の追加も気に入っています。

彼らが展開されたときに彼らの会場で発売され、デジタル上のQRモバイルパスが含まれています。

ディレクトリ、および会場のフィンガープリントとの連携のためのIMDFセットアップ アップルによる

 

結果

実装後、私たちが支援する優れた戦略的パートナーになることができることは明らかでした。

近隣地域はデジタル変革を経て、さまざまなプロパティを拡張するために使用できるツールを作成するプロセス。

クライアントとして、Vicinityは製品とのやり取りや、新しい機能を構築するために私たちと協力したかったのです。

図:2019年の製品導入後のアクセス増の様子度合い

時間の経過に伴うユニークなセッション-すべてのMappedin製品がVicinityポートフォリオ全体に導入されました

 

2019年の間に、多数のMappedin製品を全面的に展開。

会場では、時間とともにユニークなセッションが著しく増加しました。 マプディンウェブ配備は、ユーザーが自宅と自宅の両方でそれを使用できるようにして、最も使用量を示します。

彼らの便宜のための会場。

場所の選択の広がりを通じて、ミニマリストでブランドの一貫したユーザーインターフェース設計により、顧客は会場全体を閲覧し、選択することができました。

ロケーション。これは、顧客が探しているものを知らない可能性があることも示しています。

彼らがディレクトリに到達したとき、そして彼らがリアルタイムで容易に利用できる情報を持っているとき複数のストップがあるルートを探索およびプロットできます。

 

今後の見込

私たちはVicinityと協力して、新しい会場の立ち上げをサポートしています。

彼らのポートフォリオに追加され、それに適合する新しい製品と機能の追加。

彼らのニーズと今後の方向性。

ニュースレターに登録して、最新の製品アップデートと会社を入手してください。

ニュース、またはフォームからご連絡ください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

海老原 憲(インフォマティクス)

株式会社インフォマティクス 経営戦略室マネジャー(エバンジェリスト)専門分野は新規事業の立ち上げ、国内外の企業とのオープンイノベーションの推進。新しいビジネスコンセプトの設計、WEBマーケティング、必要なシステム開発のプロマネ、ブログ執筆などなど行ってます。事業構築分野は、VR/AR、AI、IoT、VTuber/アバター/動画を活用したWebプロモーションですが、インフォマティクスではそれら技術分野と地図情報(GIS)の掛け合わせた分野に落とし込んでいます。Mappedinそのものは、インドアナビゲーションシステムですが、Mappedinと様々な機能のAPI連携によって、屋内・インドア空間のスマート化までを踏まえてご提案させていただいております。

-ブログ, 事例

© 2021 Mappedin by Informatix