ブログ 集客力アップ

施設内マップを紙からMappedin化することで集客力が上がる7つのプラス効果。横浜駅東口にて

10月 27, 2020

打ち合わせのために、横浜に行ってきました。

このチャンスを生かして、打ち合わせ前の数時間、ヨコハマイースト地区を探索。

巨大なオフィスビルや住居が駅から回廊でつながっていていることにまずは驚きました。

そして、東京のベイエリアとは異なる、浜の風を感じるオシャレな都市開発がなされているのもとても魅力的です。

横浜新都市ビル、スカイビル (MM21 68街区MAP)の案内マップ

横浜に限りませんが、最新鋭の商業施設であっても、その施設内マップがデジタル化されていることはとても少ないです。

私が把握している限りでは、壁に埋め込まれるタイプのサイネージパネルは主に鉄道系の施設で増えていると思います、

ですが、商業施設まではなかなかサイネージパネルは導入されていませんし、更にマップ自体はデジタル化(データベース連携)されていない、動かない画像として表示されています。

綺麗で詳細な入居店舗さんを案内するマップ。中は紙です。

周辺地図。サイネージの中に入っていますが、マップ自体は静止画像です。

動かない図面でも全く悪くありません。

壁に貼られた静止マップ

設計やCADなどをやっている方、或いはイラストレーター使いの方などから見ると、とても分かりやすく書かれている画像だとどれも思う素晴らしい出来栄えだと思います。

ですが、デジタルでない静止画像・紙のマップだとデータベース(DB)との連動ではないので、どうしても次のようなことができません。

  • 図面の中に書かれているテナント名や各種の情報は作成時のもので固定される。
  • テナントや情報の変更があるたびに制作・印刷をし直し交換するか、更新時期が来るまで古い情報のままにせざるを得ない。
  • アナログなので、検索システムや経路案内(ナビゲーション)として使えない

ところが、私たちがご提案している「Mappedin」を活用すると次のような新しい付加価値を、施設に訪れるお客様に提供することができるようになります。

Mappedin導入によって得られる7つの効果

私が実際のMappedinを見て、触って思う商業施設様がMappedinを導入した場合に、次のような7つのプラス効果を感じていただけると思います。

  1. 施設内の経路案内・ナビゲーションが可能になります。
  2. 施設内のフロアマップやナビゲーションをご来場者様のスマホ上に表示することができるようになります。
  3. テナントや設備の変更を即座にフロアマップに反映させることができるようになります。
  4. 施設内にインターネット接続可能なタッチ対応サイネージパネルを設置すれば、壁や柱が施設内のスペース案内、テナント案内、経路探索を提供できる接客ツールに代わります。デジタルのフロアマップと経路案内を提供することができるようになります。
  5. 施設内のテナント検索にとどまらず、テナントスペース内の商品棚まで可視化することが可能です。
  6. ご来場者様のスマホで目的地探索ができるので、非対面対応、待たせない顧客誘導が実現できます。
  7. フロアマップがマップとしてではなく検索結果として表示されるようになるので、フロアマップ自体が集客力を生み出します。フロアマップを、コストから投資に転換できます。

コロナ禍によって大型商業施設の集客力は苦しいと言われ、また、対応するテナント側も余裕人員はあまりないものと言われます。

また、商業施設の場合、平日と土日の来客数が全く異なると思いますので、顧客対応のための人員を確保すること自体も容易ではないと思います。

そのような施設様そこで、ご検討いただくと良いのではないかと思うのが、フロアマップや経路案内のデジタル化です。

施設内マップ・フロアマップをデジタル化して、集客力・顧客対応力を高めることにご興味ありませんでしょうか?

施設内マップのデジタル化で、集客力を高めたい方はコチラ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

海老原 憲(インフォマティクス)

株式会社インフォマティクス 経営戦略室マネジャー(エバンジェリスト)専門分野は新規事業の立ち上げ、国内外の企業とのオープンイノベーションの推進。新しいビジネスコンセプトの設計、WEBマーケティング、必要なシステム開発のプロマネ、ブログ執筆などなど行ってます。事業構築分野は、VR/AR、AI、IoT、VTuber/アバター/動画を活用したWebプロモーションですが、インフォマティクスではそれら技術分野と地図情報(GIS)の掛け合わせた分野に落とし込んでいます。Mappedinそのものは、インドアナビゲーションシステムですが、Mappedinと様々な機能のAPI連携によって、屋内・インドア空間のスマート化までを踏まえてご提案させていただいております。

-ブログ, 集客力アップ
-,

© 2021 Mappedin by Informatix